テント種類とご利用用途(小型~中型)

テントの種類とご利用用途

共栄美装広報部です。
本日は先日に引き続き、弊社の主力商品の一つでもあるテントについてお話していきたいと思います。
前回はテントの天幕の種類についてお話していきましたが、今回は「形についてのお話」です。
天幕の種類については、前回ブログをご覧ください。

さて、それでは本題のテントの形についてお話していきます。
代表的な3種類のご紹介になりますが、ご参考にしていただけると幸いです。

切妻パイプテント

2間×3間パイプテント(白) 使用イメージ1

「イベント用のテント」というと、真っ先にこのテントを思い浮かぶのではないでしょうか?
全国的にも多くのイベントで使用され、最も汎用性が高く、お祭りにバザー、神事式典やセレモニーのようなかしこまった場でも使用されることの多いテントです。
また、前回の記事でもご紹介したとおり、様々なカラーの天幕や、様々なサイズのラインナップがあることも特徴です。

主なご利用用途

  • イベント全般
  • 式典などのフォーマルなシーン

片流れパイプテント

主に屋台などで使用されることの多いテントで、形を見ていただいてのとおり前方から後方にかけて傾斜がついているのが特徴です。これにより、前方にいらっしゃるお客様に雨がかからないという配慮がされているのがこの片流れテントです。
また、上部に看板が設置できることなどもこのテントのメリットです。

主なご利用用途

  • 出展ブース・屋台等店舗として利用

ロイヤルテント

おしゃれなイベントや、フェスティバルなどではこんなテントをよく見かけるのではないでしょうか?
カラーも(赤/白)(青/白)(緑/白)(黄/白)(白)などがあり、もともとはサーカステントやティピーテントなどを代表とするトンガリ屋根のテントが由来になっています。

主なご利用用途

  • イベント全般
  • 出展ブース等店舗として利用
  • アイキャッチとして使用

最後に

本日はテントの形と、そのご利用用途について重点的にご紹介させて頂きました。
規模としては小型~中型という一番イベントで使用されるオーソドックスなものとなりましたが、大型テント特集も後日改めて行いますのでご期待ください!

最後になりますが、イベントとは「自由」であるべきと考えます。
特に決まりはなく、0から作るのがイベントの醍醐味なので、今回の記事も含めてあくまでガイドラインの1つとお考えください。

次回予告
両妻テントの組み立て方

Contact お問い合わせ

フォームでのご相談は24時間対応! お問い合わせ・ご相談
お急ぎの方は電話でご相談(平日9:00~18:00) 0120-005-732
FAXからのお申込みはこちら。FAX注文用紙 052-622-1153
E-mailからのお問い合わせ contact@kyoei-bisou.co.jp