雇用を守る。働ける場所を守る。

雇用を守る。働ける場所を守る。

最近、求人関係のブログ記事を沢山書いています広報部1号です。

直近だと、どんな方と繋がりたいのか(求める人物像)?どんなスキルが求められるのか?実際の採用手順は?どんな人がこの会社に適していないのか(ミスマッチを防ぐ目的)?についてお送りしてきました。

これらの記事は、弊社の採用方針とその活動内容を明らかにし、求職者の方々がなるべく不明点が無いように環境整備をすることを目的にして書きました。

ですが、自分で読み返しているうちに「求職者の方に求めること」に傾倒しすぎてやしないか?と思いましたので本日は私たちが大切にしたい価値観をベースに、採用活動における想いを発信させていただきます。

改めて共栄美装はこんな会社です。

大原則として私たちには「共存共栄」という考え方があり、ともに助け合って生存し、ともに栄えることを大切にしています。

うち共栄は社名にも含まれていますが、自分とお客様、関わってくれているすべての方々と共に支え合って未来へ発展し続けていく組織。これが共栄美装という会社です。

先日、50周年を迎えました。

2022年7月15日をもちまして、共栄美装は創業50年を迎えました!お仕事のやり方は変われど、礎となる考えをしっかり持って組織づくりを続けてきたことが報われたのだなと思います。

何より、これまで支えてくださった皆様、本当にありがとうございます!

雇用を守るということ

さて。先日共栄美装のイベント事業部は導入期から成長期へ移行した事をお話しました。結果が出る仕組みを作るために、WEBサイトづくりや業者間ネットワークの開拓に注力し、最近では人材育成に注力するような余裕が生まれてきました。これは、50年間も会社を守り抜いてきた先輩方の助力があったからこそです。

そんな私たちの課題は現在の2つ。

  1. 作った座組みの上で活躍してくれる新たな仲間を探すこと
    →リソースを安定して叩き出すことで、組織全体に余裕が生まれる
  2. その座組みを継続的に保守していけるようバックアップ体制を築くこと
    →案件の後継者がいると、管理職はマネジメントに集中できるようになりロスが減る。
    生産性はさらに高まる

この2つの目的を満たすことで、より堅固な土壌の上で皆様が働けるようになります。つまるところ、働ける場所を守るという事になります。

反響営業のススメ
~誰がやっても結果が出せる仕組みを~

いくら営業職といっても、個人個人の力量に依存してばかりでは私たちは組織づくりとしては不完全だと考えています。

その最たる例が飛び込み営業やテレアポをはじめとした新規開拓営業です。結果が出ずに門前払いをされるのが当たり前だと、当然その人たちは消耗しますよね。

もちろん、個々のスキルを磨いているならそれに越したことはありませんが、私たちは敢えて未経験でも結果が出せるようにWEBサイトでの集客力を底上げしました。

内容が分かりやすく、操作がしやすく、徹底的にUXにこだわってサイト作りをしています。この努力が功を奏したのか、全国中のイベント担当者様から、毎日電話がかかってきて鳴り止まないくらいになりました。

人を雇用して、営業活動に参加してもらうんだったら、まず誰がやっても安定した結果が出せる座組みを作ってから。

働ける場所を守れないのにスローガンばかり一丁前に掲げていても、社員の皆様も馬鹿じゃありませんから、すぐに察してフェードアウトしていくものです。

最後に

導入期を過ぎたとはいえ、未だに私たちは組織づくりをしていかなければなりません。

もっと結果が出るようにするにはどうしたらいいのか?
もっと取りこぼしをしない為にはどうしたらいいのか?

こんな事をいつも考えています。

一度引いた景気の波は、再び勢いを取り戻してこちらに迫ってきています。
せっかくだから一緒に乗りませんか?

遅すぎるということはありません、いつでも気軽に私たちにお声掛けください。

Contact お問い合わせ

フォームでのご相談は24時間対応! お問い合わせ・ご相談
お急ぎの方は電話でご相談(平日9:00~18:00) 0120-005-732
FAXからのお申込みはこちら。FAX注文用紙 052-622-1153
E-mailからのお問い合わせ contact@kyoei-bisou.co.jp