PCスキルについて~苦手意識がなくなる 『3つの理由』とは?~

実際、どれくらいの技術が必要なのでしょうか?

面接で実によく聞かれるのが、この質問です。この質問に対し、全開のブログ記事ではどういう事をするソフトなのかを理解出来ていればOKと回答していました。

PCをあまり触る機会がないのですが大丈夫でしょうか?

大丈夫です。なぜ大丈夫なのか?それは、自動車の運転と違って、仮に失敗しても人が怪我をしたり救急車で運ばれるようなことが無いからです。

もちろん納品先の住所を間違うと、とんでもないことになってしまいますが、そこは最初は先輩社員がしっかりとチェック・フォローをしてくれますから安心してください。そうしてもらいながら、ゆっくりじっくり覚えていけばいいんです。

さて、本日はこういったPCに関する不安や苦手意識がなくなるお話をしようと思います。なぜ大丈夫と言えるのか?その理由は・・・

1.そもそも人間が扱うために出来ているから

実は、広報部1号の友人にはバングラデシュで働いてる人がいるんですが、現地の人はPCを使い始めたら、あっという間に使いこなしてしまったそうです。

その人が特別に頭が良いのかと言われると彼曰く「そういうわけでも無い」そうです。

ではなぜ、つきっきりのマンツーマンでもないのに扱えるようになったのか?

それは「そもそもPCは、人間が扱うために出来ているから」です。
もう少し言うと恵まれた環境にいればいるほど「勉強をしたりスクールに通ったりしなければわからないもの」だと錯覚してしまっている側面があります。

確かにプログラミングを覚えたり、デザインの専門知識を高めたいのであれば専門学校に通うという選択肢もあるでしょう。

ですが基本的な操作を覚えるだけなら、眼の前に置いて電源をつけて、あれこれ触るだけでわかるものです。

2.自動車と同じで、やりたい事への到達を早めてくれるものだから

PCを含むOA(オフィス・オートメーション)機器は、事務仕事を素早くこなせるようにする為のものです。

機械というものは、人間が力や神経を集中させないと出来ないことを自動化することで素早く確実な結果を得るために作られたものです。

例えば暗算するよりも筆算、筆算するよりも電卓を扱うほうが、工数をかけずに解が得られます。

自動車も、乗りこなすまでは怖いものですが、いざ使い始めると少ない時間でより遠くまで自分の身体やモノを運んでくれる便利なものです。

3.広い画面をフル活用できるから

この記事をご覧の皆様は、ほとんどスマホをお持ちだと思います。ですがスマホは画面が狭く、表示域も少ないのでたくさんのモノを並べて置くことが出来ません。アプリは常に全画面。切り替えようと思ったら何らかのスワイプ操作をしなければいけないでしょう。

私たちは、短い時間で沢山のことが出来るようになりたいので、常にベストなデバイス環境で従業員に働いてもらっています。

試しに「Googleマップ」で地図を見てみてください。
スマホだと狭いですが、PCだと紙の地図帳を見るよりもはるかに見やすくて便利なはずです。

また、ブラウザでWEBサイトを見ながらエクセルに転記作業をしたり、商談先にプレゼンをするためにパワーポイントを作ったりするのも、圧倒的にPCのほうがやりやすいです。

要は、慣れ

もしも嫌な環境(スペックが低くて遅い)に慣れてしまうと、PCの苦手意識は払拭されないでしょう。ですが、私たちはそんな環境で従業員を働かせたい訳ではありません。

そして、もしもあなたが入社時に求められること(Word/Excel/PowerPointなど)が出来なかったとしても、全然それは恥ずかしいことじゃないし、むしろ誇りに思ってくれて構いません。

なぜなら、それは求められることが出来ないのだとしてもその人には光るモノがある事の証明だからです。

いつも読んでくださり、ありがとうございます!

Contact お問い合わせ

フォームでのご相談は24時間対応! お問い合わせ・ご相談
お急ぎの方は電話でご相談(平日9:00~18:00) 0120-005-732
FAXからのお申込みはこちら。FAX注文用紙 052-622-1153
E-mailからのお問い合わせ contact@kyoei-bisou.co.jp