地鎮祭における奉献酒の意味

地鎮祭における奉献酒の意味

地鎮祭や起工式などで、列席者の皆様からお供えされる奉献酒。
このお酒には、どんな意味があるのでしょうか。

本日は奉献酒について詳しくお話していきます。

奉献酒は誰に捧げるのか?

そもそも地鎮祭とは、どういった式典なのかをおさらいしましょう。
地鎮祭は建物を建てる前に行う式典であり「とこしずめのまつり」とも呼ばれます。英語表記だとGroundbreaking festival。

代々その土地を収めて来られた氏神様に降臨していただき、青草の乗った盛砂を崩して耕す一連の所作を見ていただき、工事が無事終わり、建物や家が繁栄していくことを祈願します。

つまるところ、氏神様へ捧げるお酒です。

奉献酒の例

地鎮祭は地域や宗派によって方法が違う

地鎮祭は、地域や宗派によって方法が異なります。そのため必要な神具の数や配置も異なりますので神職の方(宮司さん)の指示に従い、何が必要なのかを事前に決めておきましょう。

参考までに、式典ではどんな物が使われるのかをこちらにてご紹介します。

奉献酒はどんな風に準備をすればいいのか?

奉献酒は清酒2升を奉げるのが一般的です。そして、化粧箱入れて紙で包み、その上から「のし紙」を付けます。そして「 奉献」と大きな文字の下に会社名やお名前を書きます。

奉献酒 祭壇周り

儀式のあと、奉献酒はどのように扱うのか?

氏神様をお見送りしたあと、神饌物(お供えもの)やお酒には神威(かむい:神様のお力やご利益のこと)が宿っています。これを直会(なおらい)パーティーや神酒拝戴の儀で列席者の皆様がお酒を頂きます。

その家や社屋、施設の着工を祈願するのは、そこに住んだり生活する人だけでなく、列席者の皆様や着工に携わる皆様も、そして、地鎮祭をサポートしている私たちも同じです。

皆様にとって栄ある未来がありますように祈願しつつ、本日はここで筆を置かせていただきます。
それでは、読んで下さりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact お問い合わせ

フォームでのご相談は24時間対応! お問い合わせ・ご相談
お急ぎの方は電話でご相談(平日9:00~18:00) 0120-005-732
FAXからのお申込みはこちら。FAX注文用紙 052-622-1153
E-mailからのお問い合わせ contact@kyoei-bisou.co.jp