テープカットマニュアル

テープカットマニュアル

テープカットの由来

テープカットはヨーロッパの伝統的な式典です。 5世紀から6世紀ころの古い式典でリボンが切れたときに、農奴や女性が解放され、少女は結婚する為に父親によって新郎に渡されました。
リボンにハサミで切ることにより開放することを意味します。

テープカットが人気コンテンツである理由

開通式、竣工式、開所式、展示会などを彩るイベントで、魅力は「簡易であるのに華やか」「プロジェクトを支えた人たちが横並びで行える」などの理由から人気です。
それでいて面倒な用意も少ないため、コストパフォーマンスの高さも人気の秘訣です。

テープカットに必要なもの

規模感によって内容は異なりますが、仕組み自体はいたって簡単です。
1本の長いリボンとそれを支える支柱、そしてカットするハサミがあれば準備は整います。
規模感やイベント内容によりアイテムは変わりますが、基本アイテムとオプションアイテムは以下のとおりです。

テープカット基本アイテム(3名プラン)

テープカット用金ポール×3本
ハサミ(リボン付)×3丁
カーペット(赤)×3M
紅白テープ×5M
花リボン×3個
白手袋×3対
黒盆×1枚
袱紗×1枚

テープカット オプションアイテム

  • 胸章リボン(来賓は赤、主催は白)
  • テーブル(白布付)
  • 金屏風
  • 音響セット
  • ファンファーレ音源
  • 横看板(吊り、足元)

テープカットの進行順

① 開会宣言

参列者が揃い次第開会宣言を行います。
宣言は主催者が行われる事が多いです。

② アテンド(誘導)

テープカットに参加される方を順にお呼びし、定位置に誘導します。
この際はアテンド担当者がいれば式はスムーズに進行します。

③ 準備

参加者が並んだら、アテンドが手袋とハサミを順に配ります。
配る際は後ほどお伝えする位の高い順にお渡ししていきます。

④ 写真撮影

参加者にテープカットを行っているポーズをとってもらい、記念撮影を行います。

⑤ リボンカット

ファンファーレ後に司会者の「どうぞ」の合図でリボンにハサミを入れます。
(右ききの方はリボンを左手に持ちその右を切る)

⑥ 回収

アテンドがハサミと手袋を回収します。

⑦ 終了

参加者が元の位置に戻り、テープカットが終了になります。

テープカットの立ち位置

対象物件が背の場合

対象物件に向かって行う場合

テープカットの立ち位置には一定の決まりがあり、中央に主賓となる人物を配置し、主催者、来賓……というように地位の高い順に中央に近い位置へ交互に並びます。
右大臣、左大臣などの位でも、部下の右腕、左腕というように「右」のほうが左よりも位が高いことから、並びがこのようになります。
図のような奇数出ない場合は、中央の人を抜いた②③④⑤の順で外に広がっていきます。

最後に

いかがでしたか?
共栄美装は約半世紀に渡り、数々の式典に携わってきました。
その中には、国交省からの道路やトンネルの開通式や、施設のオープニングセレモニーなど多種多様で、中には海外のクライアントからの御依頼などもあります。
安心して大切な式典を行いたいお客様は是非弊社までお問合せください。
お得でお選びやすいテープカットプランもどうぞ御覧ください!

Contact お問い合わせ

フォームでのご相談は24時間対応! お問い合わせ・ご相談
お急ぎの方は電話でご相談(平日9:00~18:00) 0120-005-732
FAXからのお申込みはこちら。FAX注文用紙 052-622-1153
E-mailからのお問い合わせ contact@kyoei-bisou.co.jp