これでもう迷わない!~ テーブルの選び方【イベント編】 ~

これでもう迷わない!~ テーブルの選び方【イベント編】 ~

世の中には、本当に目的に応じて沢山の机が製造されているんだなと思います。
色も形も材質も、様々です。例えば天板が木で出来たものがあればプラスチックで出来たもの、鉄製、ガラス天板などなど・・・

選択肢が沢山あるのは、それだけ恵まれているという事なのですが「結局どれ使えばいいの?」って思う人も多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は、イベント会場でよく使われるレンタルテーブルに絞ってお話をさせていただきます。
この記事が皆様にとってお悩み解決の緒になれば幸いです。

机を使う目的【イベント編】

  • 調理する
  • 書き物をする
  • 食事や団らんを交わす
  • 受付カウンターとして使う
  • 立って使う&座って使う

調理する

イベントの調理器具で多いのが、火を使うものです。
ガスを使って焼いたり煮炊きものを作るときは、非常に高温になりますので机の天板は高温になります。

その為、調理机の上には断熱材や下須板を噛ませることが多いのですがここではあまり上等な机は使いません。特に変色したら困るような白天板の机は、焦げ目や取れない汚れがつくとどうしようもなくなってしまいます。

そのため、この場合は安価なベニヤテーブルをおすすめします。
天板が荒いベニヤ板で、お求めやすいリーズナブルな価格設定です。

ただし、このベニヤテーブルには欠点があり、表面が荒いぶんバリ(木材のトゲのようなもの)が出来やすく、上で物を書くのにも適していません。ボールペンが紙を貫通して机に刺さっては困りますよね。
そこで、次項では書き物をする上で役立つ机をご紹介します。

書き物をする

書き物をするには、ベニヤではなく硬いデコラ板を使ったテーブルをお勧めします。
弊社の商品ラインナップですと、木目柄とホワイト天板のものがございます。
天板の縁部分もゴムで仕上げてあるものが多いので、現場経験のない方が扱う上でも安全です。

食事や団らんを交わす

作業や調理をする訳ではなく、お客様が料理を召し上がったり、飲み物を片手に団らんを交わす目的でもテーブルは使用されています。
ベニヤ天板の机はこの使い方には適していません。食べ物についたソースや飲み物が天板に染み込んでしまうからです。

その為、天板の上にはビニールクロスを取り付けます。
これで保護すれば、染み込んでしまう心配もありませんし、拭けばすぐに綺麗になります。

もしくは、天板がツルツルしたデコラ天板のものを使うことをおすすめします。
なお、パーティーでは円卓にクロスを掛けて使用しています。

受付カウンターとして使う

お客様と接客する際の、カウンターとして使うケースです。座りながら使う場合は目隠しが必要です。
目隠しにはテーブルクロスがありますが、もっと本格的に膝隠しをしたい場合は前垂れ(幕板)つきのテーブルもございます。

膝隠しテーブル(W1500mm) レンタル

また、これはカウンターに限らず言える事なのですが、その机を立ちながら使うか座りながら使うかによって床から天板の高さも変わります。

  • 70cm:椅子に座りながらの使用に適しています。
  • 90cm以上:立ちながらの使用に適しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はイベントで使用するテーブルの選び方についてダイジェスト的に紹介しました。

このWEBサイトには、まだ全ての取扱商品を掲載したわけではありませんし、テーブルも例外ではありません。
これから選択肢が増えていっても、シンプルで見やすいページを作るという私たち共栄美装のHPのコンセプトは貫きつづけたいと思います。

それでは、本日はここで筆を置かせていただきます。
ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

Contact お問い合わせ

フォームでのご相談は24時間対応! お問い合わせ・ご相談
お急ぎの方は電話でご相談(平日9:00~18:00) 0120-005-732
FAXからのお申込みはこちら。FAX注文用紙 052-622-1153
E-mailからのお問い合わせ contact@kyoei-bisou.co.jp