音響って絶対必須??イベント会場での音響について!

こんにちは!共栄美装広報部です!
本日はイベントで必ずと言っていいほど見かけるけど、手配の仕方がよくわからないでお馴染み
音響機材について解説させていただきます!

1. 音響とは

まず音響というものがどの範囲を指すのかというお話になりますが…音響はPAとも呼ばれています。
PAとはPublic Addressの略で公衆伝達を意味する英語です。特定の場所、集団に向けてメッセージを音声で伝達する装置の
ことを指します。なので、私達がご用意しておりますスピーカーなどの機器もそうですが、皆様がよくご利用している
コンビニやスーパーなどで流れている音声も音響に含まれます。意外と身近に存在しているんですね!

2. イベントにおける音響の役割とは

では、イベント会場ではどういった活躍をしているのか、簡単に3つご紹介いたします!

イベント会場全体に音を響かせることが出来る

日頃の家族の家での会話や会社の会議室くらいの広さだとマイクを使ってわざわざ話す人は少ないかと思いますが
イベントが出来るくらいのスペースともなるとそういうわけにはいきません。
例えば、学校の体育館。入学式や卒業式などの長い挨拶を後ろまで聞こえるように声を張り続けるのは正直難しいですし
声が枯れてしまいます。音というのは本当に伝えるのが難しいです。最近アクリルパネルを至るところで見かけますが
聞き取りづらくありませんか?音の波は遠くに広がりにくく、遮蔽物があるとすぐ遮断されてしまいます。

そこで音響の出番です!

我々必要な音量が出るスピーカーを必要な数だけご用意することができます!
気持ちのこもった内容をたくさんの人に伝えましょう!

必要以上の無音をなくす

イベント会場に限らずスーパーやコンビニなどで無音という環境のほうが少ないですよね。無音は緊迫感や厳粛な場などを表現する手段として式典や舞台演劇などの
演出として用いられます。しかし、楽しいイベントなのに無音だと盛り上がりませんよね!ステージイベントの転換時間なども場を暖めるためにもBGMは用意しましょう!

BGMはそのイベントの雰囲気を左右する効果があります。楽しいイベントには明るい音楽、式典などの落ち着いた雰囲気にはクラシックなどの静かな曲調など
人の心をうまくイベントのイメージに近づけましょう!

緊急時の連絡やアナウンスとして

会場内ではどうしてもトラブルが発生しがちです。落とし物や迷子、天災などによる催事の変更や人の誘導など、その場の人に同時に動いてもらわないと
いけない場合、係員の誘導だけでは人員が不足したり、行き届かないことがあります。音響機材のもつ、伝える力はこういった非常時にも活躍します。

3.結局音響機材は必要なの?

イベント会場で音響は必須レベルで必要!だと私は考えています。ただし最近では屋内の会場には標準で音響設備があるので
内容によっては標準設備で十分だと思います。標準設備は会場に適切なように設置してあるので一度確認してみてください!

屋外のイベントでは周囲の生活音などで音がかき消されることがあるので、必ずと言っていいほど必要なケースが多いです。
弊社にご依頼いただければ、会場設営から当日の音響手配まで一括でご用意いたします!

Contact お問い合わせ

フォームでのご相談は24時間対応! お問い合わせ・ご相談
お急ぎの方は電話でご相談(平日9:00~18:00) 0120-005-732
FAXからのお申込みはこちら。FAX注文用紙 052-622-1153
E-mailからのお問い合わせ contact@kyoei-bisou.co.jp