施工事例 第33回 佐布里池梅まつり会場設営してきました!

お久しぶりです、広報部2号です!今週は佐布里池にて行われる梅まつりの会場設営をして参りましたので、その様子をお届けします。

佐布里池(そうりいけ)とは?

知多市佐布里にある観光地である佐布里池の近辺には25種類、約5,700本の梅林があります。2月中旬~3月中旬にかけて一斉に花が咲き誇るので、毎年恒例の梅まつりが開催されています。

〒478-0015
愛知県知多市佐布里 佐布里池

私たちは毎年、2月初旬~中旬頃に会場設営をしています。宜しければ、過去の梅まつりの記事もございますので併せてご覧いただければ幸いです。

メイン会場まわり

備え付けのステージとバックパネルに、タイトル看板を取り付けています。さらに観覧席としてブルーベンチをセットしています。

看板・木工パネル

会場の案内図や協賛店を印刷した看板などは、多くの方の目にふれる位置に看板として掲示しています。

安全面も考慮して、背面には写真のようなイントレ台やウェイトを使って頑丈に固定しています!

テント

オーソドックスな白いパイプテントのほか、縞模様のストライプテント、片流れテント、瓦屋根のテントなど、今回は様々な種類のテントをご用意しました。写真はまだ設営段階の様子ですが、これから沢山の方が会場を訪れて楽しんで下さると思うとワクワク感もひと塩です。

パイプテント

ストライプテント

瓦屋根テント

飲食スペース

屋外で、公園でしたのでオーソドックスなベニヤテーブルとブルーベンチを公園内の備えつけの飲食スペースに追加しました。

その他の会場風景

もうすでに梅の花が咲き始めていて、会場全体も非常に空気が美味しく絶景でしたので、その様子をカメラに収めてきました!また、イベント当日は多くの方が訪れることを想定して座席を追加するためにブルーベンチを設置しています。

最後に、イベント担当者より

佐布里池梅まつりは明日、2024年2月10日(土)~3月10日(日)まで開催されています。
ご来場の皆様は、ぜひ梅の花を見ながら地域の美味しいグルメに触れたり、写真をSNSにアップしたりしてお時間の許す限り楽しんでください!

それでは最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

佐布里池梅まつり公式WEBサイト

https://chita-kanko.com/ume/

関連記事

この記事のカテゴリー: 施工事例

この記事を書いた人

広報部2号 広報部2号

名古屋本社のイベント業界で働いて13年のベテラン選手。どんな大型イベント現場でも物怖じせず挑戦し続けてます!いっぱい現場写真持ってますので、直接会った時にぜひ聞いてくださいね!

相談する

Contact お問い合わせ

メールフォーム(24時間対応) お問い合わせ
フリーダイヤル(平日9:00~18:00)0120-005-732
FAX 注文用紙(PDF) 052-622-1153
E-mailからのお問い合わせ contact@kyoei-bisou.co.jp