目に入る物を作る!造作は共栄美装におまかせください。

共栄美装広報部です。
弊社の強みの一つといえば、イベント物品レンタルなどの「形」のある商品の取り扱いから、決まった形のないものを作る「造作」も自社で一貫して行えることです。
ほんの一部ですが、本日は弊社の得意とする造作物についてご紹介させていただきます。

① なぜイベントに造作物が必要なの?

ステージやテント、机椅子などがあればイベントスペースを作ることは出来ます。
ですが、イベントというのはたくさんのスポンサーや、協力いただく方々の広報活動の一環として使用されることの多い広告媒体の一つでもあります。
世の中には看板やCMなどの広告が数多くありますが、一つとして同じものはありません。
広告のオリジナリティーを出すために、そのイベント独自のシンボルやアイテムが必要になり、それは既存のレンタル商品で行う場合だとどうしても限界があります。
だからこそ造作物が必要になるのです。
造作物に関しては外部業者に依頼するイベント会社が殆どになりますが、共栄美装は自社で一貫して既存のレンタルは勿論、0から造作物を作ることも得意としているため金額面は勿論ですが、造作物の細部変更などでも迅速にご対応することが出来ます。

② どんなものが作れるの?

木工ブース造作

このような木工パネルで制作する「木工ブース」も造作物の中で得意とするジャンルの一つです。
オクタノルムパネルなどを使用したブースも勿論得意ではありますが、木工ならではの温かみや独自性、あと支柱が見えないなどの利点もあり、
木工ブースは根強い人気を誇っています。

弊社の経験豊かなスタッフがブースのプランニングから現場施工まですべて一貫して行うので、細かなご要望にもお答えすることが出来ます。

モニュメント等立体造作

ショッピングモールなどでこのようなモニュメントを見かけられたことはございませんか?
弊社は全国のショッピングモールの造作もお受けしているため、もしかしたら見てくださったものは弊社の施工したものかもしれません。
このモニュメントは施設の8周年を祝って展示されたもので、こちらは全て木工で作られています。
木工以外にも、紙管などを使用して作られることやFRP(繊維強化プラスチック)などを使用したもの、ステンレスなどの金属を加工したものなども豊富に製作可能なため、屋内屋外や展示期間などによってご提案させていただいています。

③ 最後に

いかがだったでしょうか?弊社の強みの一つでもある既存商品のレンタルや施工とは別の強みでもある「造作」についてお話をさせて頂きました。
同業のイベント会社様でも弊社に造作のみご依頼いただくこともあり、これまでは知る人ぞ知るサービスではありましたが、今後は広く多くのお客様にご利用いただけるように今後も情報発信を進めていきます。
イベントにオリジナリティーを出していきたい、広告効果を高めるアイキャッチが欲しいなどお悩みのお客様は是非弊社にお問い合わせください。

Contact お問い合わせ

フォームでのご相談は24時間対応! お問い合わせ・ご相談
お急ぎの方は電話でご相談(平日9:00~18:00) 0120-005-732
FAXからのお申込みはこちら。FAX注文用紙 052-622-1153
E-mailからのお問い合わせ contact@kyoei-bisou.co.jp